2013年03月02日

米肌で美肌作り

米肌の基本はMAIHADA肌潤石鹸での洗顔とMAIHADA肌潤化粧水とMAIHADA肌潤クリームの3ステップに、スペシャルケアであるMAIHADA肌潤改善エッセンスというラインナップです。このすべてのステップにライスパワーエキス11が配合されていて、自らが潤う「自活保湿」を実現させています。まずは肌潤石鹸ですがネット不要なのに5秒で泡が立っていくという不思議な石鹸です。モコモコになっていく泡が肌のきめに入って毛穴の汚れとか皮脂をつかんで落とします。

そして保湿力抜群の肌潤化粧水は角質層にまで潤いを届けて浸透させていきます。潤いが持続すると毛穴の目立たないふっくらご飯のようなお肌に変わっていくのです。肌潤クリームも乾燥や紫外線から保護してくれる保湿クリームです。弾力のあるハリを保証してくれて、肌ダメージの元から守る役割も担います。この3ステップでかなりの保水力が持てそうな気がしますよね。さらなる水分を保つ力を養うためにスペシャルケアとして、肌潤改善エッセンスがあります。

化粧水とクリームのステップの間にはさんでください。とろみのある美容液はライスパワーエキス11を高濃度で配合していて、角質層へしっかり浸透していくのでかつてないほどのうるおい感を実感できそうです。美容液を行き渡らせた翌日は、肌がしっとりもちもちのいい状態になることでしょう。プルプルっとした感触は肌のうるおいだと分かるはずです。米肌のラインナップはどれも保湿機能が高いもの。どれもが保護力となり保湿力となり、美肌を作るもの。

そんな米肌を実感できるトライアルセットを2週間も試すことができます。もちろん肌潤改善エッセンスもついてくる!お米のパワーをためしてみようかな?と思われる人はまずは2週間で潤う力を実感してみませんか?
posted by 美知 at 15:56| Comment(0) | 米肌 トライアルセット

米肌のトライアルセット

米肌のトライアルセットが人気です。まずはトライアルセットから試すのが一番です。米肌の3ステップのほかにスペシャルケアのアイテム・肌潤改善エッセンスが登場しています。3ステップのクリームの前に使うと効果的なようです。

とろみのある美容液は肌への浸透力がよく奥深く隅々まで行き渡る感覚で、さらにしっとり感のある肌へ導いてくれるのではないでしょうか。セラミドを作り出すただ一つの成分であるライスパワーエキス11をたっぷりと配合させたエッセンスです。いろいろなスキンケアのアイテムが各メーカーで作られていますが、美容液というアイテムはどれも特別に濃度のあるものだったり、原料をより厳選抽出しているものが多いですよね。この肌潤改善エッセンスもそういう意味でスペシャルなケアアイテムでしょう。ほかの3ステップにも優れた成分であるラ

イスパワーエキス11は使われていますが、「高濃度配合」というところでスペシャルなのでしょうね。使われている方々の口コミを見ると、とろみ感が肌への浸透力を高めている気がする、肌のしっとり感が変わってきた、もちもちなお肌になってきた、などのスペシャルケアへの高評価。米肌シリーズは自らが潤う「自活保湿」をコンセプトに

していますが、より高濃度な成分がその水分保湿力を高めるためのアプローチに拍車をかけるようですね。ライン使いをしているとやはり美容液は欠かせない存在になってきます。米肌は自分の肌の潤う力を引き出す働きをマックスに持っていくためのお手伝いをしてくれるはずです。そのために3ステップもスペシャルケアも、ライスパワーエキス11の効果を取り入れたスキンケアであるのでしょう。潤いをしっかりと肌内部にため込むためのまさにエッセンスなのではないでしょうか。米肌のトライアルセットをぜひ使ってみてください。


米肌(MAIHADA)トライアルセット
posted by 美知 at 15:54| Comment(0) | 米肌 トライアルセット

米肌は乾燥肌に

米肌は乾燥肌の人にも人気が高いです。だんだん年齢を重ねてくると更なるお肌の悩みや気になる箇所が増えていくようです。以前には目にも留まらなかった肌の状態が気になりだすことも多いです。

いろいろな悩みが出てくると思うのですが鏡をみて「あらっ?」というものはたいがいひとつです。シミとか毛穴の黒ずみとか吹き出物とかでしょうか…。でもそのシミが実は顔のいたるところで発見されたり、そのエリア全体が毛穴が開いていたり、吹き出物の周りが赤みがあったり、放っておくと悪化していくのが目に見えているものって多いですね。

私がそうなのですが乾燥する冬から春にかけてがそんなトラブルを見つけてしまう時期です。肌の乾燥が進んで敏感になりやすくなっています。ちょうど紫外線も強くなりだす頃って肌も反応しやすくなっていますよね。そんなお肌を改善するのは乾燥対策ですが、肌の乾燥は単に潤いを与える量が足りなかったりするだけでなく、自身の肌の潤う力が減っていることに着目して作られたのが「米肌」シリーズのスキンケアがおすすめです。

お米が持つ潤いを作るための力を借りて、さまざまな肌のトラブルの要因である肌乾燥をクリアするとともに、自らが潤う肌へと改善していくのが米肌の特徴。洗顔も化粧水もクリームもそのお米の力、ライスパワーエキス11という発酵エキスを主とした成分が配合されています。無香料無着色の敏感肌にもやさしいスキンケアは、肌乾燥から始まる毛穴の開きや黒ずみに、大人ニキビに、ハリや弾力のなくなった元気のない印象付けをしてしまう肌に、肌内部の奥深くからの潤いとトラブルをクリアして再生するきれいな肌を実感していただけるものです。

米肌で乾燥肌対策をしてみませんか。
タグ:米肌
posted by 美知 at 15:52| Comment(0) | 米肌 トライアルセット

米肌の発酵エキス

米肌のテッパン成分はライスパワーエキス11ということは米肌の説明と同様に大事なことだと思いました。米肌のコンセプトは「自活保湿」。肌本来の美しさは自らが保湿する肌でいることとイコールでつながっていますね。美しいお肌でいるために欠かせないセラミドを生み出す発酵エキスを米肌では発酵コンプレックスと呼んでいるようです。

その配合成分はライスパワーエキス11と大豆発酵エキスとビフィズス菌発酵エキスの3つです。ライスパワーエキス11は水分を保ち維持していく機能を高めてセラミドを生み出すことで、肌のバリア機能を高めることにつなげます。大豆発酵エキスは保湿とか肌の保護機能として働き肌の表面からの潤いが失われていかないように保護します。ビフィズス菌発酵エキスは角質細胞へアプローチして保湿力をしっかりサポートする機能に優れています。

この発酵コンプレックスの3種類が、セラミドを作り出し、アミノ酸のネット構造で保護してくれるのです。肌表面の保護と潤いに絶対必要な部分への働きかけをしながら、今度は肌全体から潤いを作るための肌の状態にしてくれるのです。

そしてこの米肌は発酵コンプレックスをさらに高めるための、お助け美容成分も3つ。グリコシルトレハロースは潤いだけでなく、乾燥や紫外線といったダメージから肌を保護する効果も大きいです。グリセリンはほかの保湿成分との配合により、乾燥などの環境により肌が受けるダメージから守る機能が高くなります。乳酸ナトリウムは角質細胞の中にある保湿因子の一つなので、角質細胞内の保湿力のサポートが可能です。このような配合成分がそれぞれの働きで自らが潤う力としてお肌にアプローチをしていくのです。米肌のエキスは美容成分びっしりですね。
posted by 美知 at 15:51| Comment(0) | 米肌

毛穴の悩みに米肌

米肌は毛穴の悩みに最適です。若いころ私の肌はどちらかといえばオイリーだなあと思っていました。思春期を過ぎても大人ニキビや吹き出物ができやすかったりしていたし、ニキビなどのがおさまってきたら毛穴が目立つようになってきました。

若さに任せて慎重にスキンケアをしなかったことも原因かもね。だけど最近その見解はちょっと違うのではないかしら?と思っています。毛穴が目立つところやどうして目立つようになったかを考えてみると、単にオイリーだからニキビの跡や皮脂の出やすいところが、凸凹になったり、開いているように見えたりしているようではなかったのです。これは完璧なお肌のうるおい不足。年齢とともに目立つ毛穴のあれこれは実はお肌の潤いが完全に不足している状態です。

肌のうるおい成分を作り出すセラミドが年齢とともに減っていきます。もちろんそれまでに肌がさらされてきた環境や生活習慣が原因の一端となる場合もあります。セラミドは保水力を持つものなので、肌内部の水分量が失われるというよりか水分を維持する力、機能が失われていくのですね。米肌はそんなお肌に保湿機能を高めて潤う力を自ら育てるというコンセプトで作られています。ライスパワーエキス11がセラミドを作り、大豆発酵エキスが潤いを

キープしてビフィズス菌発酵エキスが保湿因子を補うといった、潤いをいくつかの成分でサポートします。お肌が潤うこと、潤いを作り出すことをきちんと出来さえすれば、凸凹な毛穴やくすみが気になる肌をきれいにしていくことができるわけです。潤っている肌はけっしてオイリーなのではありません。ふっくらとしたきめの細かい肌になれてこそ、米肌で毛穴の開きやハリのない肌といった悩みを解消することができるのです。
タグ:米肌
posted by 美知 at 15:49| Comment(0) | 米肌 口コミ